2010-03-09

プラグコード&キャップ交換

先日の整備中にプラグキャップを外したらスポンってプラグコードのジョイント部が抜けた時のお話。


前にプラグキャップ不良で停車中にエンストするため、プラグキャップを交換した事がある。コイル側をほじほじして根元から交換する方法とコードの途中で切断してジョイントをかませる方法があり、後者で交換してから数年経過し、硬化していたのか途中からポキっと折れたので、新しい物と交換した。前回はNGKの青いプラグキャップを付けていたことから今回も青い奴にした。青い奴(約3000円)と赤い奴(約1500円)では値段が倍違うけど、赤に変えて調子悪くなるのも(ならないと思うけど)嫌だしね。

交換はジョイントの向き(説明書に書いてある)に気をつけてキャップ側とコイル側のコードをねじ込み、結束バンドで締めるだけのお手軽設計。

右にあるリンクのスクーターパーツショップで新品コイルコード付きが2800円で売ってるのを知って、これとキャップ買えばよかったと後悔してるのは内緒です。

0 件のコメント:

コメントを投稿