スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

12月, 2010の投稿を表示しています

2010年 雑感と2011年 抱負

2010年もあっという間に終わっていきます。

仕事
スキルアップ等の今年はがんばったなーとか全く無い一年でした。ここ数年いつも同じです。問題発生して過去を振り返っている間に現在の仕事が進んで問題発生の無限ループ。来年は新しい事ができそうな予感がするのでもう少し様子見をしようと思います。いつも思う事ですが、僕は仲間に恵まれているので勉強しないと。

英語
これまた、全くスキルアップせず。勉強してないから当たり前ですが。2011年は勉強して電話会議で困らない位になりたい。

趣味
スクーターを壊してばかりの一年でした。無駄金もたくさん使ったけど、それなりに修理や改造等のメンテナンスは面白いので良かったかもしれませぬ。工具等を買い捲った一年でもありました。コンプレッサー工具セット等の大物も買っちゃいました。

メットも買って、いきなりツーリングで傷物にしてしまったのもショックでした。コケた影響でビビリになってしまって、右コナフォビアも完治していません(涙。

後は大型免許を取得したって事でしょうか。大型バイクがないのでペーパードライバー化してますが。そんなこんなで工具+メット+大型免許+ウェア等々で25万ほど使ったようです(汗。

倉庫がいつまで借りれるか不明ではありますが、来年はVXRから他のバイクに乗り換える事も検討するつもりです。ツーリングやツーキングに使えるバイクを探さないと。VXRは好きだし、永く乗りたいと考えていましたが、しばらくお休みさせようかなと思います。エンジンをばらして直せそうなら来年中に復活させる事もあるかも。ちなみに2010年に使った部品代は約13万円でした。

Jog Pocheは大人のプラモ感覚でいじってきました。2010年に使った金額は約16万と金食い虫ではありますが、速いオバサンJogを目指して2011年もいじることでしょう(汗。ボアアップを再度挑戦して、フロントフォーク交換&ディスク化して、ロングクランク組んで、電気回りを強化して…工具等を入れると+10万越えな予感です(汗。

お金
BIGや競馬で20万以上吹っ飛んだ2010年。「貯金すれば安いバイク買えたんじゃないの?」と各所からごもっともなご意見を頂きましたが、一発当ててバイクとか考えてました。これは2011年も続く事でしょうw

2010年に使ったお金がわかってる範囲で74万オーバーですか…お酒や昼飯代と…

クランクのスプラインが逝った

マロッシのバリエータが逝ったり、ハーフプーリーのスプラインが逝ったりと、何かと不具合が多いVXR君。以前にウェイトローラーが一個だけ逝ったため、無理やりマロッシのウェイトローラーを取り付けていましたが、KN企画で20×17の10.5gが売ってたので交換してみました。

発進時の振動対策

発進時にゴゴゴとすごい振動していたので、駆動系を清掃するついでにいろいろパーツ変えてみました。左上がハーフプーリー、右上はプーリーを外す特殊工具、下はベルトになります。

特殊工具は無くても反対側からアクセスすれば、取り外し可能です。ただ、試走するにも戻さないといけなかったりと面倒だから買ってしまいました。Jog Pocheとは長い付き合いになりそうだし…

まずはハーフプーリーを交換して組み上げてみると…「ゴゴゴ」と振動は消えません。

次にポリーニのWRが変な減り方していたのが原因かと思い、KN企画の4.5gの新品に変更してみると…「ゴゴゴ」と振動は消えません。

次にベルトを変更して見ると…「ゴゴゴ」と振動は消えません。

次にクラッチシューの当たりが悪いのかとサンドペーパーでシューとアウターを削ると…「ゴゴゴ」と振動は消えません。

この段階でケースを4回も開けてる事に何の疑問も持たないグレートな俺。

ブレーキレバー交換してみた

レッグカバーが足に引っかかり、颯爽と割り込みしたまま交差点で立ちゴケした時の話。もぞもぞと立ち上がりながら信号で止まっていたトラックの運ちゃんに笑われたのは良いとして(汗、ブレーキレバーが曲がってしまいました。

リアブレーキドレスアップパーツ

純正でも全く問題ないけど、摘みが付いていて良いなと思って買ってしまった。摘みがあるので調整がやり易いのです。ブルーってのがミソで、KN企画で見つけた瞬間に手に取ってしまいますた。ブレーキの調整なんてめったにしないんですけどね(汗。

セルスタートができない件

ものすごい勢いでお金を消費し続けるJog Poche。買った当時からセルスタートができませんでした。最初は安易に「バッテリー交換で復活するだろう」位に考えていたのです。早速安いバッテリーを1,730円で購入して装着してみました。IGをONにしてメーターのランプ点灯する事を確認し、ブレーキを握ってセルボタンを押すと・・・カチって音がするもセルは回る気配がありません。


これはセルモーターが逝ってしまったのではないかと取り出してバッテリー直結すると一応モーターは回ります。謎だ。後はリレーかと思いましたがカチって音がするって事はリレーは生きてるんじゃないかなぁと思いながらも放置プレイしていました。

テールランプの接触不良

だましだまし使っていたテールランプがあまりにも接触不良を起こすのでヤフオクでテールランプの中古を3000円で購入しました。送料が1400円で4400円でした。程度も良くて、フェンダーまでついてこの値段なら満足ですね。RSTのフェンダーに飽きたらノーマルに戻そうと倉庫にストックしておきます。

ボアアップ~そして焼きつき(その4)

やっぱりありました。ボアアップ~そして焼き付き(その4)です。前回の交換後、やっぱり坂道等でトルクがかかると失速してエンジンストールする状態です。ゆっくり加速すれば、60キロ前後までは普通に走りますが、それではボアアップした意味がないので純正に戻してしまう事にしました。上の写真はサビやカーボンをできるだけ取り除いたノーマルのシリンダー&ピストンです。

フロントフォークのオイルとインナーチューブ交換

やっぱり不安定な気がする僕のVXR。不安な箇所は取り除こうとオイル交換がてら、気になる箇所をチェックしてみました。
ちなみにフォークオイルはいつものカヤバ製です。なぜ、これなの?って聞かれるとなんとなくしか答えようがありません(汗。前回は15Wにしたので、ノーマルの10Wに戻します。

今月の本(2010年11月)

今月は病に倒れている最中に本を読んでいたので、多めに読めました。

貴志 祐介「天使の囀り」
☆☆☆☆☆


北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた「死」に魅せられたように、自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンで、いったい何が起きたのか?前人未到の恐怖が、あなたを襲う。 リングと似ている雰囲気が好感を持てる、ホラー小説です。この手のホラー小説は結構好きなので長編ですが、さらりと読み終わりました。ホラーでありながら、終末期医療に立ち向かう主人公の気持ちがなんとも切なくさせてくれます。