2011-05-21

KTM 640 DUKE II インプレッション その2

雨の日以外は通勤に利用しているDUKE II。通勤コースでは普通に走れるようになりましたが、他のすり抜け軍団に追いつくにはかなり時間がかかりそうな予感です。

まだ、200キロ越えのツーリングには出かけていませんが、なんとなくインプレッションのその2として積載関連の記載を…

DUKE IIは積載能力が乏しいです。フックやメットフォルダーなど気の利いた装備等は一切搭載しておりませぬ。
店員さんが「割り切ったバイクですから」と言い切るのもわかります。

それでも今後のツーリングに備えて純正のタンクバッグを探しに出かけた時の事、「DUKE IIに合うタンクバックが欲しいのですが」とKTMなお店の店員に話すと「少々お待ち下さい…このタンクバックはDUKE IIを手放したお客さんが置いていった物なのですが、良かったら上げますよ」との事。

びっくりです。初めて入ったお店でこの待遇。いやー良いお店ってあるんですね。


僕は一人でツーリングには行かない…人のお尻に着いて走っているため、地図を必要としていませんでした(ぉぃ
今後は一人で往復300キロ前後のツーリングに行くつもりで地図を買ってみましたが、残念ながら「TURING MAPPLE」が入りません…リュックの中に入れるしかありませんね。

ちなみにリュックはDAKINE GIRLS MISSIONです。スノーボード用のリュックらしく、ゴーグルをしまうポケットがついているのがポイントです。バイク離れるときに傷を気にしないで、気軽にしまえるのは便利ですね。

このリュックとタンクバッグで一泊くらいのツーリングであれば、問題なくこなせそうです。
下の画像はおしゃれなので載せてみました(汗。


普段使いで不便なメットフォルダーが無い事についてはミラーにかけた状態でハンドルとアゴヒモにワイヤーを通して固定するタイプにしました。がんばれば外れそうですが、それなりに人目に付く場所にしか放置しないのでOKでしょう。
持ち運びに便利そうな巻取り式です。

そのうち、シートバッグも検討しようと思います。しかし…このバイクで本当に遠出するのかw

0 件のコメント:

コメントを投稿