2012-02-25

ヘッドやっちゃった。


ポキっと折れたスタッドボルトを取り外すために奮闘する予定が、飲みに行ったり、風邪ひいたりと、なかなか作業ができなかったけど、とうとうヘッドをやってしまいました。

そもそもの手順が悪かったことが原因ですが、穴あけの中心が出てない&直角にドリル入れれなかったのが最大の敗因ですね。

まず、やったのが写真の「スタッドボルトプーラー」なる物の購入。
最小が6mmだったので大丈夫かなと思ったけど、折れてないスタッドボルトすら外せなかったです。
がちっと噛む予定がぐるんぐるん回って外せる気配なし。速攻あきらめて次の方法へ。



「エキストラクターなるものを購入して外す作戦に。
これを試すのが早すぎた&適当過ぎたのがまずかった。

エキストラクターを利用するためには穴を開けなきゃいけないのでポンチで中心を取ってから、ドリルで穴をあけるのですが…これが失敗。中心から微妙ずれてしまった。このときはエキストラクター利用する予定だったので、あまり気にせず2mm位のドリルで穴あけてエキストラクターを打ち込み回すと…エキストラクターが負けてるがな…エキストラクターも駄目だとあきらめました。


次に試したのが「バイスプライヤー」。これでがちっと挟んで回す方向です…が、これも失敗。元々最初に試した「スタッドボルトプーラー」でねじ山が死んでたこともあり、ボルトに食い込まず、プライヤーの山が負けました…この辺りから「俺は何をやってるんだ…」と、今更ながら、自分の適当さが恐ろしくなってきました。

で、藁をも掴む気持ちで購入したのが、「スタッドボルトリムーバー」。安物からKTCまで各種販売している中でTONEを選んだ理由は…5mmの設定があったから。「スタッドボルトプーラー」と同じ最小6mmだと、うまくかみ合わない可能性があるかなと。

これ使ったら、折れてないスタッドボルトはサクっと外れました。ダブルナットでもビクともしない固着したスタッドボルトが気が付いたら回ってるみたいな。

これは、折れたスタッドボルトもいけるのではないかと試してみると…「エキストラクター」を入れるためのドリル穴がここで悪さしました。結構がっちり噛むので回していくと、穴が開いてるせいでボルトが潰れました…ただでさえ1cm位しか出ていないボルトがさらに短くなり、さすがの「スタッドボルトリムーバー」でも空回りです。

次に考えたのが「のこぎり&マイナスドライバー」。これは写真ないですが、普通にボルトが砕けました…もう、最終手段です。

「ディスクグラインダー」でボルト削って、リコイルで復活…の予定でした。

ここでも適当にあけた「エキストラクター」穴が…グラインダーで削り、面一にはできませんけど、2mm位まで削っても穴が消えません。

結構掘ってたんだ…とかなり後悔するも中心に穴あけないとリコイルもできないのでドリルで中心によるようにがんばりますが、最終的には穴あけ失敗でした。斜めに入ってたこともあり、ボルト云々以外の場所まで穴が侵食してしまいました(涙。

今後の教訓としてスタッドボルトが折れた場合の対処方法は…
  1. 1cm位でも残ってるなら「スタッドボルトリムーバー」でチャレンジ
  2. 駄目だったらグラインダーでボルトを平らに削ってポンチ利用し、正確に中心を取る
  3. 細いドリルから初めて3mm位で「エキストラクター」にチャレンジ
  4. 駄目ならリコイル

という流れですかね。

「スタッドボルトリムーバー」が無い場合、「バイスプライヤー」でもねじ山が残ってる場合はうまくいけば外れるかもしれません。

確実にやらないといけないのは「穴あけ時に中心を正確にとる」事と、「ドリルは垂直に入れる」事でしょうか。リコイルまで行けなかったけど、そこさえ正確にやっていれば…

それか壊れた時点で岩さん家に持ち込めばよかったかもw

Super Cub 90
乗り出し合計:86,600円
東京堂に行って来た合計:8,377円
パーツリスト&サービスマニュアル合計:11,600円
キャブレター清掃とオイル交換合計:6,362円
ラゲージボックス合計:7,880円

スタッドボルトプーラー:4000円
エキストラクター:1800円
ドリル&ポンチ:3000円
バイスプライヤー:1400円
スタッドボルトリムーバー:5600円
ディスクグラインダー等:9000円

スタッドボルトが折れた合計:24800円

トータル:145,619円
#JoJo風に「無駄無駄無駄無駄~」

0 件のコメント:

コメントを投稿